気温データ・グラフ表示システム

詳しくはこちらのサイトへ

金沢工業高等専門学校グローバル情報工学科今澤研究室と電気電子工学科直江研究室と共にトレンディが開発しました。

「東京の過去100年の気温の変化をグラフで見てみたい」

「北海道の札幌と沖縄の那覇では、一日の気温変動がどのように異なるのかグラフで
  見てみたい」

「緯度が気温に与える影響をグラフで見たい」

などといったとき、瞬時に欲しいグラフが手に入れば便利ですね。
これを実現するのが、パーソナルコンピュータ(PC)用「気温データ・グラフ表示
システム」です。



表計算ソフトなどを使う際に必要となる、表示範囲の選択、ラベルの入力、タイトルの入力などといった面倒な操作は一切必要ありません。

ですから、表計算ソフトや統計ソフトなどの使用経験など、まったく不要です。

小学校高学年の子供さんからコンピュータに不慣れな大人まで、誰でも気軽に使えます。

「気温データ・グラフ表示システム」には、日本全国60地点の気温データが収められており、簡単な操作で希望の気温グラフを作成できます。



誰もが気軽に気温データに触れ、科学の面白さを体験して欲しい、地球環境やデータ科学などに興味を持って欲しい。

「気温データ・グラフ表示システム」には、そんな願いが込められています。

今回、このPC用「気温データ・グラフ表示システム」を、関心がある小・中・高等学校の先生方や研究者の方々に無償配布することができるようになりました。




詳しくはこちらのサイトへ