寿命が分かる産業用SDカード

Home  >  SDカード関連  >  産業用SDカード
お問い合せはこちらへ

産業用SDカードのご紹介


最近ビジネスの現場で、組込み製品内や機器に同梱されたSDカードを使用して、SDカード内のデータが壊れた・OSがリブートする、などの事象が多発しています。

さまざまな方面から安いNANDやコントローラなどの部材を調達し、工場でそれらを組み立てることで、SDカードの安さを生み出すことができます。
これらは一般の方がお使いになるデジタルカメラなどの用途では良いかもしれませんが、動画など繰り返し使われる場合やビジネスでお使いになる現場にはお勧めできません。

SDカードは単なる消耗品ではありません。
SD規格に従って作られる精密な電子部品です。

「産業用」というのは、高耐性のNANDやコントローラなど品質の安定した部材を使用し、高信頼性、トレーサビリティ、部材固定、長期安定供給、技術サポートがあるということです。

大事なシステムのデータの保存などの際には、転送速度、消費電流、容量、耐久性(防塵・防水等)などの品質を確保し、書換回数を考慮して電源瞬断対応などの備えを行えるSDカードを選ぶ必要があります。

長期に亘ってシステムを安心して使用するには、信頼できるSDカードを選ぶことが重要になります。

また、問題が起こった場合のカード会社の技術サポートも重要となります。

SDカードを使った機器やシステム・サービスなど重要なデータをSDカードに保存して稼働することをご検討の際には、産業用SDカードを併せてご検討ください。