トレンディの開発ポリシー

Home  >  SDカード関連  >  トレンディの開発ポリシー
お問い合せはこちらへ

皆さんがお使いのSDメモリーカードにSD規格というものがあるのはご存知でしょうか?

現在世界で数百社のメーカが、SD規格に準拠した数千種類にも及ぶSDカードと(デジタルカメラなどの)ホスト機器や周辺機器を製造しています。これらSDカードとSDカードを応用するホスト機器・周辺機器は、SDA(SD Association)が定めるSD規格を遵守した作りである必要があります。世界中のすべての利用者が同じく快適に・安全に利用できるようにするための決まり(ルール)がSD規格です。そのためにメーカは、SDカードならびにSDカードを応用するホスト機器・周辺機器を開発する際には、製品がSD規格に合った作りになっているかを検証する必要があります。開発の担当者はSD規格を十分理解した上で製品を設計・製造しますが、SD規格は複雑でデータ量は膨大です。
そこで、SD規格を熟知しているトレンディは、製品を作る上で必要なソフトウェア・情報を提供することで、信頼性の高い製品開発のお手伝いをしています。
トレンディは、ルールを知りそしてそのルールを遵守することが技術の発展に貢献する基本であると信じ、世界中のメーカの皆様に協力しています。


トレンディの『三位一体』開発論

ホスト機器はハードウェアの他、SDカードの読み書きをコントロールするファイルシステムと各種アプリケーションソフトで構成されています。特色のあるホスト機器を開発する上では、各機能を検証するPC上の検証ツールやテストデータが必要です。
これらファイルシステム・検証ツール・テストデータがそれぞれが独立した機能を相互に検証し合う三位一体の開発をすることで、互換性・安定性・頑健性を重視した信頼性の高い製品の作成が可能になります。そして同時に、開発期間の短縮・コスト削減を行なうことが可能です。
トレンディは、このファイルシステム・SDカード検証/解析ツール・テストデータ作成ツールを独自に開発し、世界中のSDホスト機器メーカやSDカードベンダーに提供しています。


TRENDYが推奨するSDカード/ホスト機器の開発手法

File System Media image manager Media analyzer
SDカードを使った製品を販売しているのですが、お客様からSDカードが読めなくなったとか、SDカードに書き込めなくなった、SDカードが壊れたなどのクレームがあるのですが原因がさっぱり分からない、対処の仕方が分からなくて困っています、といった時はトレンディにご相談ください。
トレンディのMedia AnalyzerなどSDカード解析の専用ツールを使って、SDカードの状況を調査します。
また、トレンディのMedia Analyzerなどを使ってみたいが専門家が社内にいないので難しい、といった場合もご相談ください。

トレンディが、SDカードを使った"なぜ"を調査・解決します。