ドライブレコーダとSDカード

Home  >  SDカード関連  >  ドライブレコーダとSDカード
お問い合せはこちらへ

ドライブレコーダ用のSDカードの重要性についてトレンディはこのように考えます。

 1年を通して、車内の温度は外気温以上の状況となることが多く、真夏の車内の温度は60℃近くにまで上がり、同時にダッシュボードの最高温度も80℃近くにまで上がることが計測されており(JAF調べ)、寒冷地では冬は氷点下の気温を観測することがあります。
 SDアソシエーション(SDA)が策定するSD規格では、SDカードの動作温度範囲は-25℃から+85℃、保存温度範囲は
-40℃から+85℃と規定していますが、ドライブレコーダに同梱されている一部SDカードはこの規格に準拠していないものがあるようです。車載NAVI用や産業機器用SDカードは、上記の動作温度範囲規格より広いものもあります。

さらに、温度に加えて振動や静電気などがある車内では、デジカメなどの民生機器以上にドライブレコーダ本体のSDカードの実装に配慮する必要があると考えます。

ドライブレコーダの会社によっては、自社純正カードと称して一般的なSDカードを使っている場合があります。また、ドライブレコーダ本体自体もSDアソシエーションが策定するSD規格に準拠していない作りになっている場合もあります。
SDカードに記録されるデータは映像(動画)が中心のため、ドライブレコーダ本体ならびにSDカード共に動画記録に必要な十分な書込み性能を持ったものでないと、記録した映像がとぎれとぎれになる、または書込み中にエラーし書込みができなくなる場合があります。

SDカードには寿命があります。
SDカードの素材であるフラッシュメモリーのデータの書換え回数によって、その寿命が影響されます。データの総書込み量、SDカードの容量、書込み方法などがSDカードの寿命に影響します。また、SDカードが標準規格のフォーマットで初期化されていないと、寿命や書込み性能に影響を与える可能性があります。

ドライブレコーダなどの車載機器製造会社はもとより、ドライブレコーダなどの車載機器をご利用の会社や個人の皆様方もSDカードの特徴を理解し、正しい使い方をする必要があると考えます。
SDカードに記録されたデータは、事故などの際、重要な情報になること、運行状況の大事なデータとなることなどを考慮して、SDカードの使い方をご理解いただいた上、適切なドライブレコーダやSDカードをご利用ください。

全日本トラック協会ホームページに掲載されておりますように、
「事故防止や安全運転への取り組みを支援するため、事故や急加速・急減速などの一定の衝撃が生じた際に、その前後の映像や走行データを記録するドライブレコーダの普及を図る」ことを目的として、現在各都道府県トラック協会を通じて会員にドライブレコーダの取付けの助成が実施されています。
ドライブレコーダの映像や走行データの記録媒体はSDカードが主流です。
重要なデータをSDカードに保存する訳ですから、信頼性の高いSDカードが必要です。それは、ご利用の皆様の安心・安全のために収集した大切なデータが、過酷な条件下で使用することで、データが正しく記録されないことがないようにするためです。

特に、トラックやタクシーなどの営業車でドライブレコーダなどの車載機器をご利用の際は、SDアソシエーションの規格に準拠し、耐温湿度・耐衝撃・耐静電気・耐X線・曲げ/ねじれの機械的強度など耐久性能を備えた車載に適したSDカードのご利用を強く推奨したいと考えています。
また、SDカードだけでなくドライブレコーダ本体もSD規格に準拠した作りであることを推奨したいと考えます。機能面だけでなく、性能を上げる、信頼性を上げることで他社との差別化を図れると考えます。