SDカード

SDカード とは

SDメモリカードは、不揮発性メモリであるフラッシュメモリを搭載した小型・軽量・低消費電力の汎用記憶媒体です。
SDメモリカードは、SD規格に準拠したメモリカードの総称で、SDカードとも呼ばれています。

SDアソシエーション(SDA:SD Association)は、2000年1月にメモリカード標準化と普及のための業界団体として、パナソニック、サンディスク、および東芝の3社により、設立されました。現在、世界中で約1,000社の企業がSDAに加入しています。SDAの主な会員は、メモリカードベンダ、
CE(Consumer Electronics)機器ベンダ、携帯電話/スマートフォンベンダ、半導体チップセットベンダ、ソフトウェアベンダなどさまざまな業界メンバーで構成されています。

SDAは、非営利の標準化団体で、役員会の下にテクニカルコミッティー、コンプライアンスコミッティー、マーケティングコミッティーがあり、
SDカード、およびその応用機器の標準化やSD規格を採用した製品の普及促進活動を展開しています。

※クリックで拡大表示
SDカードのサイズ・ファイルシステム・転送速度の関係

SDカードには、さまざまなメモリ容量とスピードクラス機能があり、外形も標準サイズのSDカード、miniSDカード、およびmicroSDカードの3種類があります。標準サイズのSDカードは、主にデジタルカメラなどのCE(Consumer Electronics)機器に使われ、miniSDカードは、以前携帯電話などで使われていましたが、現在は、microSDカードに置き換わっています。また、SDカードは、容量に応じて、2GバイトまでのSD、32GバイトまでのSDHC(High Capacity)、2TバイトまでのSDXC(Extended Capacity)があります。容量に応じてファイルフォーマットが異なるため、異なるロゴを表示しています。エンドユーザは、SD/SDHC/SDXCロゴにより、SDカードとSDホスト機器の互換性を知ることができます。

2GバイトまでのSDはFAT12もしくはFAT16、32GバイトまでのSDHCはFAT32、2TバイトまでのSDXCはexFAT(Extended File Allocation Table)というファイルシステムを採用しています。
SDXCでexFATが採用された主な理由は、FAT12/16/32の最大ファイルサイズが4Gバイトで制限されてしまうこと、大容量のSDXCカードのマウント時間(空スペースの計算など)が増加する問題を解決すること、および大容量の動画録画に適したファイルフォーマットを提供することなどです。

SD規格では、速度性能の目安としてSDスピードクラス規格を定めています。これは、異なるアプリケーションに対するSDカードの最低書き込み速度を示す規格です。この規格は、動画記録や放送録画など、一定の書込み速度で、リアルタイムに記録する際に必要な性能を表示し、SDカードとSDホスト機器の互換性を提供します。

スピードクラスには、「スピードクラス」および「UHS(Ultra High Speed)スピードクラス」の2種類があります。現在スピードクラスには、クラス2(C2)、クラス4(C4)、クラス6(C6)、クラス10(C10)が定義され、SDカードにスピードクラスを示すマークが印刷されています。通常、デジタルビデオカメラの高精細(HD画質)録画ではクラス4(C4)が必要です。2、4、6、10の値は最低書込み速度が2、4、6、10MB/秒であることを示します。

また、UHSスピードクラスは、現在U1規格が定義され、最低書込み速度が10MB/秒であることを示します。UHSスピードクラスは、UHS SDカードとUHS SDホスト機器との組合せのみを対象とします。
スピードクラスとUHSスピードクラスは、SDバスや動作条件に違いによる異なる規格です。

以下にSD規格の概要を記載します。


※クリックで拡大表示
SD規格の概要

■大容量化(SDXC)Ver.3.00

  • 次世代SDメモリカード”SDXC”は、32GBを超え、2TBまで大容量化
  • 高精細(ハイビジョン)動画やより大きなサイズのデータを取り扱うことが可能
  • ファイルシステムはexFATを採用
  • FAT32の最大ファイルサイズ4GBの制限撤廃
  • ボリューム(カード)のマウント時間削減

■SDバスの高速化(UHS)Ver.3.01/Ver.4.00

  • 従来、最大25MB/秒のSDバスを大幅に高速化
  • 50MB/sから104MB/sまでのUHS-I(Ultra High Speed)規格をVer.3.01で規格化
  • 最大312MB/sのUHS-II規格をVer.4.00で規格化予定

■さらなる機能、性能向上Ver.4.xx~

  • 個人情報保護、企業の情報セキュリティのためのデータ
  • 暗号仕様も追加予定
  • UHS-IIバスのさらなる性能向上

SD製品